忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

カテゴリー「夜の使者と隻腕の鬼神 - Dark of ray」の記事一覧
その森には、隻腕の鬼神が棲んでいる。

龍輝が出会ったのは、一人の暗殺者だった。
感情を持たず、機械のように仕事をこなす彼が龍輝に頼んだ内容とは。
何故、龍輝ではないと頼めないのか。

鬼神が選んだ選択は。

エブリスタ版
(基本的に内容は同じです)
PR
暗殺組織リレイが潰れたという事件は、夜明けを待たずその手の世界に身を置く者達の耳に入った。
 その事実は大きな衝撃を与えたが、彼らが崩壊の原因を知ることはできなかった。その出来事を耳にした者達は何者かの手によって闇に葬られ、リレイという組織が存在したことさえ、裏歴史から抹消されたからだ。
 姉妹組織ソロノームのボス、フォンの孫が指揮を執ったと囁かれていたが、その孫も行方不明である現在、真実を知るものは誰もいない。真実は闇から更に深い『無』へ葬り去られてしまったのだ。

····· more

「ボスには感謝しないとなあ…?こうしてお前と殺り合えるんだからな!」
 狂い笑う男は、ナハトをその目に捉えて離さない。
 鬼気迫る様子で近づいてくる男をものともせず、余裕の様子で龍輝に耳打ちした。

····· more

冬の路地裏で静寂を破る音が響く。
 組織の建物に隣接する廃ビルの屋上に、ガラスの破片が飛散する。その破片の上に龍輝は着地した。一瞬だけ背後を見、未練もない様子で躊躇いなくビルの階段を下り始めた。

····· more

「任務完了」
 機械アナウンスのような声を聞くのはこれで何回目になるのか。龍輝はそんな事を考えながら小型の無線を握っていた。
 「美龍。帰るぞ」
 「りょーかい」
 面倒くさいような怠けたような、そんな口調で答えた。ナハトの相棒に就いて三ヶ月が過ぎ、仕事を終える度に交わされるやりとりも惰性が宿る。

····· more


 三年前の記憶。
 鈴鳴洞窟で交わされた言葉は、和解だったのか皮肉の言い合いだったのか、今となってはもう分からない。確かなのは、戻らない龍輝自身の左腕という事実のみ。十字架の下に眠る人物、蒼鵞はそれを手土産に旅立った。

····· more

One year after the "Recollection of the Hermit".
An assassin was calling him, but he does not remember it.

at that time
they opened the their way of another.

····· more

Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ