忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Prologue - 10 years ago
10 years ago, in Minakami hamlet.
It all started from here.

The boy name is Ryuki Aoi.
When he met a man, the tragedy began.
学校も医者もいないその村は、現代から置き去りにされた地域だった。
山道を外れ、かろうじて残る道なき道の先に、戦前の面影を残す家屋が広場を囲むように数軒立ち並ぶ。
余所者を拒んで生活する人々は、風習に異を唱える人間さえも排除する。
少年はそんな閉ざされた村で生まれた。

「おい坊主」
村から少し外れた場所にある洞窟の入り口で、幼い龍輝は背中から声をかけられた。
振り向くと村では見ない顔の男が立っている。髪を茶色に染めて逆立て、耳や唇にはピアスがついている。黒いライダージャケットを着込み薄青のデニムジーンズを穿いているその姿は不良やヤンキーという言葉がよく似合うが、そう呼ぶには年齢が少々高すぎる。およそ二十代後半か、三十代手前だろう。
「お前その洞窟が怖くねえのか?」
関心がなさそうな口調で男が尋ねると、龍輝は洞窟の入り口を見た。
縦に割れた細長い入り口の前は古びた注連縄が腰を据え、その奥からは冷たく湿った空気が漂ってくる。剥き出しの岩に苔がこびり付き、十分な水気を保持して光合成に勤しんでいる。
龍輝は見慣れた入り口を見回してから、何も言わず首を振って答えた。
「へえ、変わってんな坊主」
不気味な洞窟に物怖じしない龍輝の反応に興味が湧いたのか、男は目を少し見開いて意外そうな顔をする。
「おじさん、誰?」
「お兄さんって言え糞ガキ」
おじさんという呼ばれ方が気に食わなかったらしい。男は睨みをきかせて龍輝を見下ろしたが、臆する事もなく、それどころか慣れていると言わんばかりに龍輝は男を見返していた。
逃げるとばかり思っていた男は、その態度に更なる興味が湧いた。
「びびらねえとは度胸あんじゃねえか。気に入ったぜ」
にい、とつり上がった男の口から黄ばんだ犬歯が覗き込んでいた。

村の外の話は龍輝の好奇心をくすぐり、外の世界への憧れを抱かせた。
「ところでお前、学校は行かねえのか?平日の昼間にガキがこんなところいるなんてずる休みする時くらいなもんだぞ」
男が尋ねると、龍輝の顔から笑みが消えた。
「僕はこせきがないから、学校に行っちゃいけないんだって」
龍輝の言葉が理解できず、戸籍がない、という意味を解するのに一瞬の間を要した。
「戸籍がないって…お前、父ちゃんと母ちゃんいねえのか?いやいなくても親戚とかそういうところに」
「お母さんはいるよ。お父さんはいない」
「…そいつは聞いて悪かった」
ううん、と首を振り自ら話を続ける。
「鬼子に戸籍も親もいらない、死して然るべきものだって。でもそうしたら村に訪れる災厄を受ける器がなくなってしまうから生かされているって、村の人が言ってた」
「それじゃ生贄じゃねえか」
「いけにえ?」
「今お前が言ったとおりだよ。要するに、村の連中は自分達に災いが来てほしくねえから、自分達に来るはずの災いとか悪い事を全部お前になすりつけてんだろ?」
同じ人間なのに、と言いながら男は龍輝の頭に手を置いた。
「いいか、お前は村の奴らに復讐する権利がある。他のお前と同じくらいのガキ共が仲良く遊んで学校行って人として扱われるのに、お前だけ人じゃねえだの鬼子だの言われて、挙句に生かされてるなんて言われてよ。俺は村の事なんか知らねえけど、はたから見てそんな環境は異常だ」
龍輝の脳裏に、自分を蔑んだ目で見ては石を投げつけてきた子供達の姿が浮かぶ。
その度に抱いた感情は胸に燻り、取れない憎悪となってこびり付いている。
「…僕、あいつらに仕返ししてやりたい」
抱え続けていた黒いそれを、初めて明確に意識して吐露した。
口に出した事でそれは更に力を持ち、龍輝の内で急速に膨れ上がる。
男は黄ばんだ歯を見せてにやりと笑うと、龍輝の頭をわしゃわしゃと撫で回した。
「いい目だ。俺も手伝ってやるよ」
その言葉に後押しされ、幼い龍輝は力強く頷いた。
PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ