忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Setting - 桜浩一


桜浩一:

Recollection of the Hermitのみ登場。
原案を描いている時に作成した一人です。
もとより、村の生き残り5名は総じて量産型に近いものが。

格闘系、という事でスポーツマンっぽいイメージだったのですが、オレンジ系の明るい髪色、地黒(というほど黒く見えません)とヤンキーのような外見に。
原案の中に描いてある4コマでは、アホ毛は携帯電話のアンテナになるというネタが仕込まれていました。
ガタイは全キャラクター中最も良いです。多分。
初期は髪の描き方が龍輝とほぼ同じだった為、色がないと「もみあげのない龍輝」に見えていました。
現在は短髪以外に細かな描き分けがないので不安定な状態です。
上記の通り肉体派な彼は得物を持っていません。
スポーツ選手というより、スタンドやジムのインストラクターをやっているイメージです。

生き残りの3人目として龍輝の前に現れる彼は、舞乃とくっついて出てくる事が多いです。
原案の中では浩一一人で龍輝と対峙していたのですが、Recollection of the Hermit6話では舞乃を連れて行かせました。
しかし二人は兄妹でもなんでもなく、村の生き残りという繋がり以外は赤の他人。
にもかかわらず舞乃を妹のように可愛がっているのは、生き残りの男性陣他二人が性格上舞乃を構ってやる事がないのと、単純におせっかいに似たお兄さん気取りなのかもしれません。
…ネタ要素を含めて。
本当はお笑い要員のような位置づけにいたのが、いつの間にか子供思いのよきお兄ちゃんキャラになっていました。
外見ただのチャラ男ですが。

PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ