忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4 - cave
同日の午後。

 外の光が入り、且つ、かろうじて雨宿りができる程度の深さまで洞窟に入り込んだ暁は、途方に暮れた様子で空を見上げていた。
 淀んだ空は時折光り、唸りを地に響かせて不安を煽る。雷が怖いという歳ではないが、度重なる不運と恐怖体験に不安を抱かずにはいられなかった。


 既に鈴の音は絶え、背後の闇は暁を引きずり込もうとしているかのように黒さを増す。
 「(早く止まないかな…)」
 激しい雨音と雷が止む気配はない。
 洞窟の湛える闇を見るまいと大きな溜息をついて俯くと同時、雷の閃光が瞼を突き抜けた。
 間を置かず鳴った轟音と、コツンという靴音を聞いたのはほぼ同時だった。
 「(誰か来た…!?)」
 その異音に思わず顔を上げると、確かに入り口に人が立っていた。
 洞窟に入ってきたその男はフードを目深に被り、静かに暁を見下ろしている。
 「龍……」
 この土地と、暁自身の不安が生み出した錯覚だろう。
 暁は思わず、慕っていた青年の名を呼びそうになって口を噤んだ。
 「悪いが人違いだ」
 男は一瞬怪訝そうに眉を顰めた後、暁が呼んだ名を否定してフードを脱いだ。
 「え、あれ?」
 二、三度瞬きをし、もう一度男の顔を見る。
 フードの下から見えた眼はあの青年にとてもよく似ていた気がするのに、今見ている顔は完全に別人だ。
 しかし彫りの深いその顔に暁は見覚えがあった。
 「…あ」
 同じような雷雨の中、正面からぶつかった時の記憶が頭を掠める。
 そして、今と同じように青年の名を呼んだ事も。
 「あの時俺がぶつかった人」
 「よく覚えているな」
 目元まで伸びた前髪を振り、男―リオはつまらなさそうに答えた。
 「はは……よく言われます」
 向こうも暁を覚えていたのだろう。同じ人を二度も間違えた恥ずかしさに、暁はぎこちなく笑って誤魔化した。
 それを気にした様子もなく、リオはバックパックからタオルを取り出している。
 「いい事だ。……ところで、こんなところで雨宿りか?」
 「雨宿りって言うか…遭難したと言いますか」
 自分が歩いてきたはずの草むらを横目で見ながら、暁は言葉を濁す。
 得体の知れないものに出くわしてパニックになった結果遭難したとそのまま説明したところで笑われるだけだろう。
 「まあ、俺も似たようなものか」
 「似たようなもの?…うわっぷ」
 振り向くと同時に飛んできたタオルで視界が白くなった。
 顔にかかったそれを取ると、もう一枚のタオルで髪を拭き始めたリオが目に入った。
 不安に駆られ、雨でびしょ濡れだった事も忘れていた暁は、それに倣い自分の髪を拭く。
 似たようなものという事は、彼も遭難したと言うことだろうか。
 「あんたが何をしにここに来たか知らないが、帰り道が分からないのは俺も同じだからな」
 遭難した現状を肯定した割には、あまり焦っているように見えない。
 「……随分、落ち着いてるんですね」
 「焦ってどうにかなるものでもないだろ」
 「あ、はい」
 清々しいほどの正論である。
 一瞬でもドッキリや仕掛けの犯人ではないかと疑った自分が恥ずかしくなり、暁は髪を拭く力を入れて誤魔化した。
 そもそも、暁がこの森に行くと知っている人は誰もいない。中木にも、出かけるとは言ったが場所までは話さなかった。赤の他人であるリオが今日この森に暁が来ると知っていた可能性など論外だろう。
 そんな暁の心情など知る由もなく、リオは黙ってタオルで上着を拭いていた。
 様子から見て会話を続けるつもりはないようだ。
 「(気付かれなくて良かった…)」
 一人勝手に気不味くなって安堵した暁は、気を紛らわせようと外を見た。
 空は相変わらず暗く、打ち付ける雨が泥を穿ち森を浸食する。
 洞窟の中からも見える十字架の墓標が、今にも折れてしまいそうな程脆く、儚く霞んで見えた。
 そういえば、あの墓については運転手から聞いていない。
 「…ここも村の一部、なのかな」
 「村?」
 無意識に口から漏れた暁の疑問に、リオが反応した。
 「あんた、村から来たのか?」
 「あ、いや、そう…ですけど」
 「それなら、水神村という廃村を知らないか?」
 落ち着いた態度は変わらないが、先程と打って変わり質問を重ねてくるリオにたじろぐ。
 「知らないも何も、俺そこから逃げてここに辿り着いて」
 「……逃げて?」
 うんうんと首を振り、暁は水神村での出来事を話す事に決めた。
 水神村を知っているなら、もしかしたら信じてもらえるかもしれないと思ったのだ。

 「……なるほど。影、か」
 暁の話を聞いたリオは、なるほどと言いつつも半信半疑の様子だった。
 「あれは絶対人がどうこうできるものじゃないです。行こうとしてたのなら止めた方が」
 会話を中断するように閃光が走り、足に振動を感じる程の轟音が響く。
 遠のき始めたと思っていた轟雷に思わず耳を塞ぎ、目を瞑ると、激しい雨音を追うように木々が騒ぎ始めた。
 「そこにいるんだな?」
 耳と目を塞いだ暁に、リオの言葉は届いていない。
 届く必要はなかった。何故なら、それは暁に向けた言葉ではなかったから。
 「…まだ夕立止みそうにないですね」
 目を開け、そっと耳から手を離した暁は、騒ぐ木々の波を横目に一言こぼした。
 リオの方を見ると、今度はリオが目を閉じ、聞き耳を立てているような様子でしばらく静止していた。
 さっきまで向けられていた関心はどこへ行ってしまったのか。
 あるいは、最初から暁本人には関心がなかったのかもしれない。
 遭難という状況なのだから、もう少し協調性があっても良いのではないか。
 「すまない。こっちの事情を話す暇はなさそうだ」
 「え?」
 モヤモヤと不満を積もらせ始めた暁にリオは突然そう告げると、洞窟の壁に預けていた背中を離し、まだ雷雨の吹き荒れる外へ歩み始めた。
 「ちょっ、ま、危ないですよ!!」
 髪と上着を拭いたばかりだというのに、リオの突然の行動に暁は戸惑いつつ慌てて声をかけた。
 「あんたの話は信じる。その担保として荷物を預かっててくれないか」
 「いやあの、信じてもらえるのは嬉しいですけど、それじゃあなたは……」
 問いかけた暁の口の動きはそこで止まった。

 「死にたくなければ、今すぐ奥に隠れていてくれ」
 背を向けた目の前の男の声は冷たく、その手にはいつの間にか、一丁のデザートイーグルが握られていた。

 影とは違う戦慄に、暁は咄嗟にバックパックを掴んで奥へ駆け込んだ。
 瞼に残るリオの姿はまるで別人だった。氷のようにどこまでも冷たく、一本の矢のように鋭く突き刺さる。
 「(あの人、何者なんだ…?)」
 光が微かに差し込むくらいまで進んだところで足を止め、暁は入口の方を振り返った。
 
 雨の霞の向こうから、リオがこちらを見ているのが見えた。
 その暗闇を湛えた青い目を細めると、再び背を向け森の中へ姿を消した。
 
 僅かに笑っていたように見えたのは、雨が見せた錯覚ではないと願い。

 * * *

 名も知らない青年が洞窟に入ったのを確認すると、リオは踵を返して草むらの中へ駆け出した。
 大粒の雨が全身を打ち、一瞬にしてずぶ濡れになりながらも一直線に走り続けて辺りを詮索する。
 「あんたの庭だったのなら、道は間違いないんだろうな」
 響く雨音に負けない声量で、そこにいる『彼』に話しかける。
 (当然だ)
 返って来た声は、森を駆けるリオ以外の誰にも届かない。
 『彼』は、リオを含めて誰にも見えない。洞窟にいた青年にも、『彼』は見えていなかったようだ。
 (まさかあそこに辿り着いてるとは思わなかったが)
 「あんたが返事をしないのが悪い」
 (村の様子を見に行っていたんだ)
 姿が見えないのに、どこかへ行っていたと言われても分かるわけがない。
 呆れた溜息をつきながら、リオは辛うじて見える獣道と声の指示を頼りに進んだ。

 そもそも、水神村へ行くと言ったのは『彼』の提案だ。
 彼の提案だというのを隠し志島に相談したところ、荷物を一式見繕ってくれた。多趣味だという志島は登山も嗜んでいたらしい。
 そうして暁とは一本遅いバスに乗り到着したのだが、着いた途端彼は『違和感がある』とだけ言い残し、返事がなくなってしまったのだ。
 最終便だった故に帰る事も出来ず、一人残されたリオは仕方なく村を探しに森へ入った……というのが、事の経緯である。

 「!」
 長く伸びた草の葉が正面から伸び、先端を鋭く尖らせてリオに向かってくる。
 突き立つ葉の下をかいくぐり、すれ違い様に葉の根本に銃を構えてトリガーを引く。乾いた音と共に土が穿たれ、鋭く伸びた葉は土と化してぐにゃりと崩れた。
 「土…?」
 崩れた葉を観察する間もなく、左脇から同じように葉が伸びてくる。
 心臓めがけて伸びてくる葉の根本を躊躇なく穿ち、リオはただの草むらではないと察知する。
 「話に聞いてた影とやらの仕業か?」
 (間違いはないが……)
 肯定されたものの、その声はどこかはっきりしない。
 何かひっかかっているのか、『彼』はそのまま黙り込んでしまった。
 その間にも間髪入れず伸びてくる、土と草の刃。
 リオはその全てを避けては迎え撃ち、転げるように木々のない開けた場所まで走り抜けた。
PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ