忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3 - rain
三年前の四月十七日。

 主を無くした建物は更に腐敗が進み、崩れるのも時間の問題だった。
一匹の猫がそれを守るように住み着き、もういない主の帰りを待っている。
―それが、青年が再び訪れた時の廃墟の姿だった。

 九月三十日。
青年―瀬戸内暁が目を覚まして最初に触れたものは、温かく柔らかい毛の感触だった。
被っている布団をめくりあげると、白黒模様の猫が丸くなって寝転んでいた。起こされて機嫌を損ねたのか、猫は顔を上げて暁を睨んでいる。
「おはよ」
睨む猫の背中を撫でて機嫌を直してやると、喉を鳴らして気持ち良さそうにまた眠りについた。その様子を確認して布団から這い出し、猫に布団を被せて立ち上がる。
携帯電話を片手にドアを開け、一階に繋がる階段を下り居間に出る。広い居間にはアラベスク模様の絨毯の上に硝子の長テーブルが置かれ、二人掛けのソファーが階段に隣接する壁際に鎮座している。ソファーと対になる壁側には大型の液晶テレビがあり、その周りには骨董品のようなものがいくつか置かれていた。
階段から右に向かうと、対面式のダイニングキッチンで人参をみじん切りにしている最中の女性がいた。
「おはよ、中木さん」
中木と呼ばれた女性は手を止め、暁の方を見ると親しげに微笑む。
「おはようございます、暁さん。今日は豆腐ハンバーグと巨峰ゼリーですよ」
「うん、今日の御飯もおいしそうだね。期待してるよ」
三十代半ばに見える中木だが、恥ずかしそうにはにかむ姿は初々しく、実際の年齢より若い印象を持たせる。暁はテーブルの上に置かれたクッキーを一枚つまみながら新聞を手に取り、思い出したように中木に声をかける。
「そうだ中木さん、今日は御飯食べたら少し出かけてくるよ。夕飯には帰るからよろしくね」
中木はキッチンから愛想よく返事を返した。

 人里離れた山道になると、バスが一日に数本だけ通るという話は珍しくない。
その珍しくないバスが通る場所に行くために、暁は荷物を背負いバス停に座っていた。大きめのスポーツバッグを肩にかけ、少しよれたシャツとジーンズを穿いた姿は旅行者というより冒険者という言葉が似合う。
腕につけたスポーツ用時計を見、時刻表と見比べてバスの来る時間を確認する。時刻表に書かれている時間は少なく、数えて二桁もない。その中から今の時間に最も近い時間を探し、後数分で来ることを確認すると軽く伸びをして筋肉をほぐした。

 読みかけの本を取り出して数ページめくった頃、時刻表に書かれた時間より数分遅れてバスがやってきた。
那山集落行きと表記されているバスに乗客の影はなく、バス停から乗る乗客も暁一人だった。入口のドアが開き、ごく自然な動きで乗車券を取り運転手の後ろの座席に座る。他に誰もいないことを振り返ることなく確認した運転手はバスのドアを閉め、アクセルを踏んで発車させる。
「また貸し切り状態だねえ。今日も同じ場所かい?」
すっかり顔見知りの様子で運転手が声をかけると、暁は軽く笑って言葉を返す。
「いえ、水神村跡前までお願いします」
あいよと気のいい返事を返し、運転手はハンドルをまわした。

 「水神村跡って言うと、里ヶ藤から三十分は軽くかかるよ」
景色は見慣れた住宅街から山間に変わり、運転手は所要時間を教える。
「遠いなあ…。間に止まるところとかないんですか?」
「山ん中だしねえ。斎凪(ときなぎ)くらいかな。里ヶ藤と水神村跡の丁度真ん中らへん」
急なカーブを慣れたハンドル捌きで曲がり、それに合わせて暁の体も揺れる。
「歩いたらもっとかかるのかあ。すぐへばりそうだ」
暁は軽く苦笑いをし、運転手もつられて笑う。
「おじさんの俺に比べたらまだまだいけるよ。あんちゃん確か二十三だろ?」
うんと頷き、膝に乗せたスポーツバッグを持ち直して姿勢を整える。
「水神村跡に行きたいとは、あんちゃんも随分肝が据わってるねえ。あそこは廃虚好きな人も滅多に近づかないよ」
「そうなんですか?」
「そりゃそうだよ。あんちゃんが生まれたくらいかな?村人が全員殺されちまった事件は有名だ」
対向車両を一台の乗用車がすれ違い、無意識に目で追っていく。
「廃虚好きが近寄らない理由はその後の話でね。水神村付近で神隠しがあったなんて噂が流行ってたんだ。一説には村の生き残りがいたなんて話もあるが、今となっちゃその真相なんて誰も知らない」
「…」
窓から見える木々に目を逸らし、暁は運転手の話を黙って耳に刻む。
「そうだ、水神村といえば鈴鳴洞窟って知ってるかな?」
「鈴鳴洞窟?」
暁は興味深そうに少し身を乗り出し、どんなところか尋ねようとして運転手に制された。
「村の近くにあるんですか?」
「そりゃな。けど元々立入禁止で、入る人はいなかったそうだよ」
再びハンドルを切り、山の曲がりくねった道を安全運転で進んでいく。
「鈴鳴って名前から想像つくと思うけど、近くに行くと鈴の音が聞こえるんだ。鈴のような音じゃなくて本物の鈴の音がね。むかーし一回だけ行ったことがあるんだ」
はっきりチリンって音を聞いたよと静かに語り、真っすぐなようでほんの少し右に曲がっているアスファルトの坂道を進み、開けた左側に広がる森と空の境界に小さな穴が見える。
「たとえ話じゃないんですか?」
「比喩じゃないよ、あれは本物の鈴の音だった。けど行った時に鈴を持ってる人は誰もいなかったし、音は洞窟の方から聞こえてね。俺も一緒に行った人も皆怖くなって飛んで帰ってきたよ」
運転手は鼻で苦笑いし、怪談みたいだなと一人感想を述べた。暁は目をぱちくりさせて外の景色を眺め、運転手の話を反芻する。
「面白い話ですね。着いたら行ってみますよ!」
「あんちゃんは本当肝がすわってるなあ。面白いって思ったならきっと楽しめるかもな」
運転手は目を細めて笑った。

 家を出てから電車を乗り継いで二時間、更にバスで一時間半。
運転手に別れを告げ、暁はバスを下りた。
バス停であることを示す標識は錆び、時刻表は破れて時間を確認することはできない。暁は運転手にもらった時刻表をスポーツバッグにしまい、錆びて文字を読む事さえ困難なバス停の標識を見上げた。赤く錆びた標識には筆で書かれたような文体が刻まれ、「神」という字の下半分だけが見える。その隣には、標識よりはずっと真新しいが薄汚れた街灯が立っていた。
暁は辺りを見回し、誰もいない森の静けさを全身で味わう。風で揺らぐ木々の音だけが耳に響き、久しい来客をもてなす。
一際大きく響く場所に耳を澄ますと、立入禁止と書かれた木のプレートがロープに吊り下がっていた。その奥に刺さっている棒状の物体には「水神村」の三文字が刻まれているのが見える。
「(―見つけた)」
暁は目を細めて心で呟くと、バッグを背負い直しロープの向こう側へ向かって走り出した。

 水神村が廃村になってから二十一年の歳月が過ぎていた。
残された家屋や建築物の多くは朽ち果てて倒壊し、自然に還りつつある。人工的な設備―自転車や洗面台などはそのまま残り、自然に還れないまま朽ちていた。
還り行く物達を壊さぬよう慎重に歩きながら、暁はまだ形の残る建物の中を外から一軒ずつ覗き込む。どの建物も中は荒れ果て、植物や蜘蛛の巣が床や天井を我先にと根を張っている。
形の残る建物のどれにも共通して、壁に奇妙な模様が残っていた。
黒く汚れたその模様は廃村になる前からあるようで、模様の上には汚れがびっしりこびりついている。大小問わず必ず存在する模様の正体が血痕であると暁が気付いたのは、建物を数軒見て回ってからだった。
暁は背筋に寒気を感じ、一歩後ずさる。
年月を経て黒くなった血痕は広く染み渡っていて、人一人収まる程大きい。広い血痕の周りには点々と同じ血痕があり、何かを引きずった跡や手形と共に小さな靴底の跡が薄く残っていた。
暁は不意にその光景を思い浮かべてしまい、せりあがる吐き気を止めようと廃屋から飛び出した。必死に吐き気を押さえつけるが簡単にはいかず、口を押さえていた手を離して吐き出すことにした。
「―…っ」
声にならない生理的な拒絶の苦しみを治め、地面についた両手で土を固く握りしめる。
「(あれが…龍兄のしてきたことなのか)」
うまく呼吸が整わず、混乱にのまれかけている頭でどうにか言葉をまとめる。
「(簡単に言ってたけど…龍兄は考えてたよりずっと、重いことをしてきたんだ)」
まだ息が整わないうちに立ち上がり、大きく息を吐いて目を瞑る。夏より少し涼しくなった風が緩やかに流れ、暁の頬を撫でていく。ざわめく木々の音が奇妙に不穏な響きに聞こえ、暁は瞼を開いた。
不穏に響く木々の音に知らず耳を澄ませ、異音を探す。
さわさわと重なり鳴る音の奥に蠢く不協和音が聞こえた気がした暁は思わず辺りを見回し、誰かがいないか確認し始めた。
ドアのない廃屋の中に人影はなく、小さく安堵して視界から外す。
「…!」
視界から外した廃屋の影に不自然な影を捉え、手に入れた小さな安堵は空しく掻き消える。
地面に移る不自然な影は立体を成し、文字通り人影となってぼんやりと立ちすくむ。その人影に光が生む物質的な影はなく、黒い半透明の人形が浮いているようにも見える。見たことのない不可思議な影を前に、暁は恐怖心を隠せなかった。
ぼんやりと立ち尽くしていた影は暁の姿を捉えたのか、唐突に動き出す。
子供ほどの大きさの影は人体で言う腕を動かし、腰にあたる場所から鋭い刃物を取り出した。それは子供の力では両手で持たなければ使えない程大きな狩猟ナイフのようだが、影の懐から生まれたそれもまた影そのものと同じ半透明で構成されている。
影は暁を真っ直ぐに捉えると、刃先を暁に向け走り出した。
「うわ…っ!」
それが明確な殺意と本能的に察した暁は反射的に身を翻してその場から逃げ出す。視界から外れた影に足音はなく、どのくらいの速さで追ってきているのか分からない事が恐怖心を掻き立てる。息を切らして全力疾走する暁は時折後ろを振り返り、影の姿を探した。
「―…!?」
振り返った先、暁の走ってきたすぐ後ろには影の姿がそのままあった。
それは暁が走り出して影を視界から外した最後の瞬間に見た距離と全く同じで、尚且つ影は暁を追いかけている。
刹那、瞬く間に追いついて来る影から逃げられないことに思考が廻り、暁は目を瞑った。
「うわああっ!!」

次の瞬間にやってくると思っていたものはやって来なかった。
混乱の中無意識に覚悟を決めていた暁はかたく瞑った目をそろそろと開け、外を垣間見る。
影の姿は見当たらず、林の中には暁一人だけが取り残されている。不穏に聞こえていた木々の音もさわさわと風に揺れる響きとして耳に届き、不安や恐怖の欠片は微塵もなかった。
「(…え?)」
一転して穏やかになった林の中、状況を飲み込めない暁はしゃがみ込んだ体勢のままきょろきょろと辺りを見回す。
林の中にぽっかりと開いた小さな広場に廃屋や朽ちた人工物は見当たらない。
危害を加えるものはなさそうだと確認し、大きく溜息をついて膝に顔を埋めた。
「(今のは何だったんだろ…)」
心を落ち着かせ、影の正体を考え廻らせ始める。
真っ先に残された血痕が浮かび、そこで殺されたであろう人か、あるいは殺した人を思い浮かべた。後者が誰であるか、暁にとってその人物を思い浮かべるのは容易なことだった。
「(あの子供の影はきっと…龍兄、なのか)」
暁は更に深い溜息をついた。
「…?」
一瞬、風の音の中に異音を捉え顔を上げた。
木々が鳴らす葉の擦れ合う音の中に微かに金属のような音が混じっている。高く響くそれは儚く、尾をひいて暁の耳の奥に残った。
「(…鈴?)」
影に襲われた恐怖心が抜け切っていないからか、心なし足が震えている。
辺りを見回しながらよろよろと立ち上がると、鈴らしき高い音はほんの少し大きくなったが音の正体は分からなかった。
暁の恐怖心を和らげるように響く音に方向性はなく、常に両耳から同じ距離で届く。走ってきた足跡がなければ方向を見失いそうになる中、暁は足跡を辿って歩きだした。
足跡を辿ってたどり着いた先は、廃墟の並ぶ村の中ではなかった。
遠くに聞こえた音は次第にはっきりと聞こえ、明確な鈴の音となって暁の耳に響いているが鈴の姿はどこにもなく、変わらず均等な距離で辺りを彷徨う。その空洞を顕すように、暁の前には鍾乳洞の入口が聳えていた。
「(もしかしてこれが運転手のおじさんが言ってた洞窟…)」
少し屈んで中を覗くと、光は一切なく、黒い闇が重く構えている。吸い込まれそうな暗闇は本能に訴え、人が立ち入ってはいけない場所だと威嚇する。澄んだ音で響く鈴の音とは対照的に闇を湛える洞窟の前でしばらく立ちすくみ、暁は空が暗くなりつつあることに気付く。
「(夕立…)」
連鎖的に傘を忘れた事も思いだし、慌てて来た道を引き返そうと回れ右をする。
「!?」
回れ右をした足を止め、目の前の風景の異変を察知する。
人が歩いてきた形跡がなく、地面は長く伸びた草に覆われた獣道になっていた。暁が歩いてきたはずの道は存在しなかったように、木々に覆われた目の前の風景に村の形はどこにも見えなかった。
「(嘘だろ…!?)」
先の見えない獣道を通る勇気はなく、暁はその場にしゃがみ込んだ。
変わらず耳に響く鈴の音は遠退き始め、背後に口を開ける洞窟の中に消えていくのを横目で見送ると、間もなく木々の音に湿り気が混じり暁にまとわりついてきた。まとわりつく湿った空気は地に響く音を連れ、雨となって容赦なく降り出した。

 外の光が見え、なんとか雨宿りができる程度まで洞窟に入り込んだ暁は途方に暮れた様子で空を見上げていた。
淀んだ空は時折光り、唸りを地に響かせて不安を煽る。暁は雷恐怖症ではなかったが、度重なる不運に不安を抱かずにはいられなかった。
背後に口を開く暗闇は鈴の音を飲み込み、既に音は絶えていた。その静寂が背中に張り付き、暁を引きずり込もうとしているかのように黒さを増す。
「(早く止まないかな…)」
激しい雨音の中、雨音とは異なる水の音が混ざる。その音に気付かない暁は不安げな表情のまま淀んだ空を見上げていた。
傘に降りかかる雨の音は次第に近付き、暁の前で歩みを止めた。目の前に薄く影がかかり、暁ははっとして顔を上げた。
「…龍…」
目の前にいたのは、傘をさした一人の男だった。
その顔立ちは暁が慕ってきた男―龍兄によく似て、無意識にその名を口にする。
「―悪いが人違いだ」
傘をさす男の口が開き、暁は自分の認識に違和感を覚えて瞬きを繰り返す。目の前にいる男の顔は龍兄の顔立ちとは全く違うが、彫りの深いその顔に見覚えがあった。
「…あ」
同じような雷雨の中、正面からぶつかった時の記憶が頭を掠める。
「あの時俺がぶつかった人」
「記憶力がいいな」
目元まで伸びた前髪を振り、男はつまらなさそうに答える。
「はは…よく言われます」
人に会えたことで不安が和らいだがまだ残っているのか、少しはにかんで笑う表情には僅かな陰りが残る。
それを気に留めることはなく、男は会話を続ける。
「いい事だな。…ところで、こんなところで雨宿りか?」
「雨宿りって言うか…遭難しかけてたと言いますか」
男の後ろに見える、自分が歩いてきたはずの叢を横目で見ながら暁は言葉を濁す。
「似たようなものか」
口ごもる暁の様子から何かを察したのか、あっさりと意味を理解して言葉を返した。暁が不思議そうな顔をして男を見返すと、男は背後に群がる叢の方に目をやる。
「少し違うかもしれないが、歩いてきた道がなくなってここにたどり着いたなら似たようなものだろう?」
「…あ」
意味を理解し、呆けた顔になる。
「やっぱり遭難なんですかね、これ」
男は首を横に振って否定した。
「いや…巻き添えをくらったと言った方が正しいな」
唐突に上がった言葉の意味が分からず、暁の頭に疑問符が沸き上がる。
「え…巻き添え?」
男は頷き、暁を視界から外して辺りの様子を窺う。その目には底知れない闇が顔を覗かせ、一瞬にして別人が目の前に現れたような錯覚を持たせる。
「来た道が草だらけになったのは逃げ道を塞がれたからだ」
底無しの闇を湛えながらも青みを含む男の目は草むらをじっと見つめ、暁はその深い色を怪訝そうに眺めていた。
「あのー…意味がさっぱり分からないんですが…」
ああ、と生返事を返して男は暁の方に向き直る。
「なんて言うか…まあ、不自然な怪奇現象ではないとしか俺も分かってない」
「何だよそ…」
曖昧な説明に納得がいかず、不満気な声で反論しかけた刹那、木々が激しくざわめいて声を掻き消した。
「…長く話をする暇はなさそうだ」
男は軽く舌打ちし、さしていた傘を下ろして暁に差し出す。
「すまない、これを持って奥に隠れていてほしい。洞窟の中なら巻き込まれずにすむ」
「え、あ」
差し出された傘を受け取るより先に傘を地面に落とされ、戸惑いながらもそれを拾う。
「気味悪いかもしれないが、洞窟自体は自然のものだ」
そう言い終わるか終わらないかのタイミングで男は背を向けると、両手で何かを掴むような構えをとった。
「って、いやあの、それじゃあなたはどうす―」
問いかけた暁の口の動きはそこで止まった。
「―死にたくなければ、今すぐ奥に避難してくれ」
背を向けた目の前の男の声は冷たく、その手には一丁のデザートイーグルが握られていた。

 別人のように豹変した男に恐怖を覚え、暁は青ざめて洞窟の中に逃げ込んだ。
光が微かに差し込むくらいまで奥へ駆け込んでから足をとめ、入口の方を振り返る。ほんの少し入り込んだだけで辺りは夜のような暗闇に染まり、薄暗く見える入口には男の影がこちらを見ているのが分かった。
男は青く暗闇を湛えた目を細めると、何もいわず雨降る獣道の方へと姿を消した。
PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ