忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2 - lost
八月十一日。
夏にしては肌寒く、機嫌を著しく損ねた空は不穏な音を立てながら頭上を覆っていく。
遠くに見える空には入道雲が並び、人々はそれから逃げるように足早に道を歩く。
人が歩くより早く空を覆っていく入道雲は間もなく空を灰色に染め、ここぞとばかりに轟音を立てて暴れ始めた。大粒の雨が降りだし、雷の閃光が木や家のアンテナに向かって落ちていく。
雨宿りの宛のない人々の一人―リオは、雨に打たれながら屋根のある場所に駆けていく人々を無関心に眺めていた。遠くで電車の音が聞こえ、後に続いて傘を差した人々がぱらぱらと通り過ぎていく。
無関心に通り過ぎていく人々を眺め飽きたリオは俯き、その場から去ろうと歩きだそうとした。

「―いてっ!」
振り向きざまに誰かにぶつかり、反射的に漏れた声が正面から聞こえた。
「あー、すいませ…」
いくらか通る青年の声。
リオの頭一つ分背が低い青年は慌てた様子で顔を上げて謝罪の言葉を続けようと口を開け、リオの顔を視界に収める。リオは動じた様子もなく同じように相手の顔を視界に収めてみるが、青年に対する返答をする気はなく口をつぐんでいる。
その青年の顔色が驚愕の色に変わる様が、妙にゆっくりと感じられた。

 「―龍兄?」
青年の口から出た言葉は、本人もリオも予想外だった。
「あ…す、すいません変な事言って」
青年は我に返り、慌てて言い繕う。
「それじゃ失礼しました!」
遠くで何度目かの電車の音が聞こえ、一瞬眉をひそめた青年は早口で別れの挨拶を済ませて駆けていった。リオは無意識にその姿を目で追い、青年が口にした名をもう一度反芻していた。
「(…龍?)」
その名に覚えはないが、ざわめき立つ感覚に僅かな懐かしさを覚える。
降り続く雨を見上げ、リオはその場を後にした。

 タオルを肩にかけ、青年は畳の上に座り込む。
濡れた髪は軽く水気を拭き取っただけでほとんど乾いていない。薄手のシャツに紺色のジャージを穿き、片手に一枚の紙を持って中に目を通す。縁が黄ばんだ紙には手書きの文が添えられていた。
青年はその一字一句を惜しむように読み、そっと折り畳むと机の引き出しを開けて奥に手を伸ばした。奥にしまい込んだそれの感触を確かめると、しっかり掴んで光の下に引っ張り出す。
錆びきったL字型の物質は重く、金属の塊のように見える。ところどころに張り付いている革のようなものはちぎれていて原型を留めていない。青年はその物体を壊さないよう力を加減して持ち上げると、頭上に翳して眺めはじめた。

 手招く睡魔に引き摺り下ろされ、輪郭のはっきりしないおぼろげな夢を見る。
―それはリオの幼い頃の記憶だった。
真夜中、急いで且つ静かに家を出た親子三人。
必要な荷物だけを詰め込んだ鞄は膨れ、歩く邪魔をする。
それでも一刻も早く逃げるため、家族は一路夜行列車を目指して歩き続けた。
緊迫した表情で駅を目指して歩く母の表情が、幼心にどこか不安を抱かせる。
前を歩く父の背中は、高所で命綱もなく綱渡りをするような怖さを孕んでいた。
その様は針を突き付けられた風船さながらに危うく、ほんの少しの衝撃で崩壊してしまいそうな危機感に幼いリオはひたすら耐えつづけた。

 大きな発砲音に共鳴して、抱いていた危機感は最悪の形で具現化する。
目の前を歩いていた父から何かが噴き出し、次いで母の悲鳴がこだまする。
弾かれたように母はリオの手をひいて駅へと走り出し、あと数歩で届くところで父と同じように生温かい何かが噴き出す。
噴き出したそれは顔に降りかかり、パニックは一瞬にして思考を奪う。
刹那黒く蠢く人影が視界の隅に見え、リオは全てを悟ったと同時に暗闇に意識を落としていった。

 甘い睡魔が見せた悪夢を振り切り目を覚ますと、今度は人工的な青が視界を覆う。
寒色であり涼しい気持ちを抱かせるはずのその色が、リオには何故かとても暑く見えた。
辺りから蝉の声が聞こえるが姿は見えず、自身がその青いものに囲まれていると察する。よくよく見ると皺や汚れの見えるそれは、どこにでもあるであろうブルーシートだった。
「…」
肌に熱気と湿気がまとわりつく感覚で汗をかいていると認識し、次いで首をまわして辺りを探る。
シートの端には段ボールが敷かれ、そこに自分が横たわっている。丁寧にも頭はたたまれたタオルの上にのせられていて、すぐ脇には水の入った紙コップが置かれていた。
足元を見遣ると背中をまるめた人影があり、タイミングが良くリオと目が合った。
「おう、起きたか兄ちゃん」
人影は中高年の枯れた声で話しかけ、丸めていた猫背を少し伸ばして立ち上がる。天井にあたるブルーシートが低いのか、中腰で段ボールの床を踏んで歩いて来ると、近すぎない距離にあるパイプ椅子に座り込んだ。
「ここにゃ風呂も何もないからなあ。悪いが汗は外の水場か銭湯でも行って流すしかねんだな」
椅子に座った小柄な男は枯れた声に似合わず若かったが、それでもリオの二回りは年上に見える。さしずめ四十代後半と読める男は汚れの目立つランニングシャツに作業着のズボンを穿き、浅黒い肌は不潔さをも感じさせる。薄くなりはじめた髪と顔の皺は、彼が歩んできた人生の苦労から生まれたものだろう。
リオはしかめ面で上体を起こし、脇に座るその男の方に向き直る。
「まあ暑さで水分抜けて干からびてんだろ。とりあえず水でも飲んでゆっくりすりゃあいい」
そう言って左脇のテーブルに置かれたビニールから紙コップを取り出すと、アウトドア用の貯水タンクを捻り水を汲んだ。七分目まで水を貯めたコップをリオの前に差し出し、リオは躊躇いながらそれを受け取る。
「別に何もやばいもん入ってないから飲め飲め」
コップの中の水を怪訝そうに見つめるリオを見て、男は一言添える。それに安心したわけではなかったが、リオは言われるまま水に口をつけた。冷えた水は上昇した体温を下げ、暑さでぼんやりしていた意識を現実に結び付ける。
コップの水を飲み干したのを確認すると、男はうんうんと頷いて再び口を開いた。
「少しは生き返ったろ」
「…少しは」
男はおう、とだけ切り返し、薄くなりはじめた頭を肩にかけていたタオルで軽く撫でまわして続ける。
「兄ちゃん見つけた時はおったまげたなあ。俺よりぼろぼろななりでぶっ倒れててよ、最初死んでるのかと思ったくらいだぜ」
言われて自分の体に目をやると、灰色のシャツは泥で茶色く染まり、穿いているジーンズも同じように乾いた泥がこびりついていた。
「あの道は結構やばい奴が出入りしてっから、普通の人は滅多に近寄らねえんだ。そんな道だから誰も気がつかなかったんだろうな。兄ちゃんもそいつらに不意打ちくらっちまったんだろと思ってよ」
男の話を聴きながら自分の記憶を探るが、誰かに襲われたような覚えは全くなかった。
「襲われた覚えは、ない」
リオ自身も奇妙と思う程たどたどしい言葉で返すと、男は細い目をしばたたかせて不思議そうな顔をした。
「そかそか…けどよ、あそこにたむろってる連中が兄ちゃんみたいな奴を放っておくとは思えねえなあ…。兄ちゃん、若えけど数え切れねえくらい修羅場くぐってきた猛者に見えるぜ?」
素人の俺にゃ分からんけどなと付け足して、男は黄ばんだタオルを手に取り顔を拭きだした。
その様を尻目に、リオは断片的に散る記憶を再び繋げようと試みる。

最初に覚醒した留置所。
声だけが聴こえた誰かと、手にした銃。
自分をナハト・ボーテと呼んだ警察官。
留置所を抜けて最初に出会った、自分を龍兄と呼んだ青年。
ここで目を覚ますまでの空白。

 それまで自分は、どこで何をしていた?

 「どした兄ちゃん?」
汗を拭き終えた男はタオルを肩にかけ、俯くリオを見遣る。リオは苦悶の表情で両の掌に目を落としている。
「何かわけありみてえだな」
男は水を入れようと紙コップを新たに取り出し、タンクの蛇口に手を伸ばした。

 「…何も」
蛇口に手を伸ばした男の動きが刹那止まる。
「名前と少しの記憶以外…何も」
男は蝉の声を遠くに聴きながら、ぼんやり口を開けたままリオの方を振り返った。
「何も…の後は何だ?」
微かに険しさを滲ませて男が問う。
「…思い出せない」
拘留所で目を覚ます前はおろか、幼少期からスキップしたように記憶だけが抜け落ちていた。リオは苦い顔をしたまま小さく溜息をつき、男はしばらくリオの様子を見ているしかできなかった。
「―そう落ち込むな兄ちゃん、そういうのは時間がかかってもちゃんと戻るって聞いたことあるぜ」
半ば無理のある励まし方で笑い、男はリオの背中を叩いた。ばしばしと景気のいい音が響き、少し痛いくらいに叩かれたリオは軽く呻いて男の方を見る。
「何す…」
「生き方忘れなきゃやってけるもんだ。若えんだし俺よりずっと時間は沢山あるだろ?少しくらい山があった方が人生楽しいぞ!」
男はひとしきり笑うと紙コップに水を入れ、リオに差し出した。
「まあこれも何かの縁だ。俺でよけりゃ力になるからよ、存分に山登りな!」
リオは少し目をしばたたかせて男と水を交互に見遣り、躊躇い混じりに水を受け取った。
「…どうも」
気にするなと軽く笑い、自分の分の水を汲みながらリオに尋ねる。
「そういや兄ちゃんの名前聞いてなかったな。名前は覚えてるんだろ?俺は志島勇蔵ってんだ」
年相応の名を持つ男は自ら名乗り、リオの返事を待つ。
リオは手にしたコップの中の水を飲み干し、十分に喉を潤してから自らの名を口にした。
「水井リオ」
じゃあリオの兄ちゃんだなと工夫も何もない呼び名を決め、志島は水を一気に飲み干した。
PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ