忍者ブログ

Gensou-roku Archive log : Copyright(C) 2010-2014 Yio Kamiya., All rights reserved.

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1 - awake
格子の張られた窓は高く、差し込む陽射しはぼんやりとした光となって降り注ぐ。
 春の陽射しのような軟らかさとは裏腹に部屋の中は肌寒く、熱を帯びた体に程よい眠気を誘う。
 「―…」
 甘い眠気から意識を引き剥がし、男は横たわったまま首を動かして辺りを探る。


 部屋の中は男が横たわるベッド以外には何もない。白い壁とドアがあり、天井の近くに小さく明かり取りの窓が取り付けられている。窓ガラスを挟むように白く塗られた鉄格子が影を作り、薄暗い部屋の中に落ちている。
 ベッドの隣に人が一人ようやく立てるくらいの狭い空間であると認識し、男は自分の状態把握に思考を巡らせる。男は自力でこの場所にやってきた覚えも、部屋にも見覚えはなかった。
 体を起こそうと腕を動かし、何かに遮られ身動きが出来ないと気付く。腕は頭の上に高々と上げられ、手首の辺りに冷たく冷えた金属質の感触がある。それは足にも同じ感触があり、四肢を鎖か何かで縛られているのだと認識した。熱ではっきりしていない意識の中、男は小さく舌打ちをする。
 (―…感覚を思い出せ)
 「…?」
 ようやく聞き取れるくらいの小さな声が頭を小突き、微かに緊張が走る。
 (―感覚を思い出せ。そうすればこいつを渡せる)
 辺りに人の気配はなく、男はどこを見るわけでもなく目を凝らす。
 かすれた声は聴覚に訴えるように繰り返す。
 四肢を拘束されたまま、男は辺りを見回して声の主を視覚に捉えようとするが、影はおろか手がかり一つ見つからない。
 「…何の事だ」
 五感で探す事を諦め、男は小声で尋ねる。
 (銃を握る感覚だ。それさえ思い出せればそこから脱出できる)
 部屋の外から聞こえる雑音より小さく、それでいて不思議と聴覚にはっきりと訴える声に焦りの色が混じる。それに連動するように、白いドアの外から洩れてくる雑音が強まり、沈んでいた男の心にざわめきをもたらす。
 「―銃を持つ手を作ればいいんだな?」
 雑音に掻き消されそうな程の小さな声で、男はもう一度尋ねた。
 数拍を置き、姿なき声の主は肯定の言葉を返す。
 声を認識した男は瞬きを合図に、かたく握っていた拳を緩めて両の手を軽く広げる。
 もう一度瞬きを重ね、広げた両手で一つの物を掴むように緩く握ると、掌の中にさっきまでなかった感触を覚える。
 頭を上げ固く冷たいそれを視野に入れると、黒い塊が見えた。
 「これは―…」

 (―…逃げろ、リオ)

 鈍い光を放ち手に収まったそれは、一丁のデザートイーグルだった。


 薄暗い通路に開錠音が響き渡ると、ひそひそと囁く声が一斉に大きくなった。
 「おい、いつまでここに放置されるんだよ!さっさと出せ!」
 「私は無実よ。早くここから出して!」
 「また来たか…」
 「今度は誰の番ですか?ここちょっと飽きてきたんですけどー」
 一斉に浴びせられる罵声や要望に聞く耳持たぬ素振りで階段を下り、鏑木と伊能は眼前に続く通路を真っすぐ歩き始める。
 通路の両側に隔てられた鉄格子は人一人横たわれる幅で仕切られ、区切られた空間に老若男女問わず一人ずつ人間がいた。その誰もが鉄格子の向こうにいる二人の男―鏑木と伊能を凝視し、釈放という一つのことを訴えていた。
 凝視され訴えられ続けている二人は互いに何も言わず、騒がしい留置所の最奥を目指して歩いた。

 「―待て」
 伊能が足を止め、鏑木を促す。
 「…?部屋はまだ先だぞ」
 振り向いた鏑木は伊能の見つめる先を見やった。鉄格子の向こう側、蛍光灯の当たらない陰りにうずくまる人影が映る。多くは鉄格子に張り付いて目の前を歩く自分達に釈放を訴えかける者ばかりだが、中には自暴自棄になり塞ぎ込む者も決して珍しくはない。
 「…どうかしたのか?」
 うずくまる人影を見つめる伊能に、小さく声をかける。
 「いや…」
 鏑木に視線をやり、すぐに戻して伊能は言葉を続ける。
 「あのうずくまり方、塞ぎ込んでるというより怯えてるように見えてな」
 鏑木はほう、と息をついて格子の向こう側に目を凝らす。うずくまっている人影は膝を抱えて座っているように見えるが、その手は守るようにしっかりと頭を抱えている。
 「おい」
 伊能はその場から動かず、うずくまる人影に声をかける。
 「具合でも悪いのか?」
 人影は返事せず、頭を抱えたままかたかたと震えている。
 伊能はしばらく様子を見たが、格子の向こうの人影は震えたまま動かない。
 「…看護を呼んでやるか」
 軽く溜息をついて無線を取り出した時。
 「―?」
 反響で聞き取りにくかったが、小さな破裂音が耳に入り足を止める。
 伊能と鏑木は顔を見合わせ、音の正体が何かを目で確認しあう。
 「…銃声だ」

 銃声は通路の突き当たり、留置所の最奥に設けられた白いドアの向こうから聞こえるものだった。
 鏑木は腰につけていた錠束から鍵を一つ取り、鍵穴をまわした。その間に伊能はカードキーを取り、ドアの左側にある装置にカードを通し、暗証番号を打ち込む。
 短くビープ音が鳴り、ドアノブをまわして勢いよくドアを開けた。
 「…―!」
 予想はしていたがありえない光景に、二人は本能が命ずるまま一瞬動きを止める。
 冷気が足元を通り、部屋の中の空気が外に流れ出す。
 白く狭い部屋の中は人一人横たわれるベッドが大半を占め、それ以外には何もなく、冷気を吐き出す根源である冷房の他に天井の真下に窓が一つだけついている。
 その空間に孤立する唯一の生命―デザートイーグルを握り立ちすくむ、モカブラウンの髪の男がそこにいた。

 それは警察官の二人にとって最悪の光景だった。
 拘束したはずの人間が、武器を手に今目の前で自由の身となっている。それもベールに包まれたままの危険人物である。
 鏑木は瞬時に襲い掛かる恐怖に抗うために、腰に下げたホルダーから銃を取り出し構えた。
 「う…動くな!」
 男の瞳は炎天下の中で見たそれとは全くの別物で、視線だけで人を殺せてしまいそうな程の鋭さを孕んでいる。
 薄暗い部屋に佇む男は動じることなく、静かに瞬きをして口を開いた。
 「発砲許可のない警官が銃を構えても俺には威嚇にすら見えない」
 見た目と裏腹に流暢な日本語で語り、余裕すら感じられる素振りで背中を見せる。
 「とっ…止まれ!」
 力強く叫んだはずの鏑木の声は震えていた。
 「― こちら地下留置所、重要参考人ナハト・ボーテが銃を手に脱走を図っている。至急応援を求める!」
 伊能が無線を手に応援を要請した刹那、背中を向けた男は不意に二人の方を見遣った。その手に握られた銃と鋭い視線が向けられ、鏑木は思わずトリガーを引いてしまった。乾いた音が狭い部屋に轟き、轟音に慣れていない二人は聴力を奪われパニックに陥る。
 その終始を何食わぬ顔で見ていた男には傷一つなく、構えた銃をそのまま窓に向けてトリガーを引いた。
 劣化していた格子は金属音を立てて割れ、貫通した弾はそのまま窓ガラスをも突き破る。
 直射日光が差し込むようになった部屋の中はほんの少し明るくなり、男は辺りを見回してから一時的に聴覚を奪われた鏑木と伊能を見る。
 「―」
 男の口が動き何かを話したのは分かったが、何を言ったのかは二人は分からない。
 「何を―」
 そう言う自分の声さえ遠くに聞こえる中、男は窓に歩み寄り高々と跳んで窓にしがみつく。
 慣れた様子で人一人やっと通れる程の大きさの窓まではい上がると、もう一度振り向き口を動かした。
 「俺は水井リオ―あんたの言うナハト・ボーテはここにはいない。…世話になった」
 耳のほとんど聞こえない二人にもはっきりと届く声で叫び、水井リオと名乗った男は日の差す窓の向こうへと姿を消した。
PR
Copyright ©  -- 月夜謳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ